保育士に就職するときの心構えとは

  • 保育士の転職の魅力について

    • 保育士の転職の魅力として二つのことが挙げられます。
      まず一つ目は保育士の需要が高く、転職先がたくさんあることです。



      近年、女性の社会進出に伴い保育所への入所待ちをする待機児童の存在が社会問題化し、保育所の設置が急増し、スタッフの募集も急速に増しています。
      また、核家族化、地域の子育て機能の崩壊に伴い、児童虐待等や様々な事情により児童養護施設等に入所する子どもが増加し、また様々なケアを要する入所児童が増加していることを受けて、職員の配置基準の向上が図られました。



      その加配されたスタッフをまかなうべく保育士の募集が増加しています。



      また専門学校や短大、大学など保育士の養成校も増加しているので保育の経験を生かして教鞭をとる場も増加しています。



      このように活躍の場が拡大している今だからこそ自分にあった職場を見つけることができます。



      二つ目は前職の経験が肯定的に評価されることです。



      転職する人が増加し、スキルアップのために職場を変えるというように転職を肯定的にとらえる風潮が出てきている現況ですが、保育業界以外では転職を否定的にとらえる人も多いのが現実です。

      しかし保育業界では保育経験年数を考慮して給料を決めるなど、前職を肯定的に評価してくれます。

      この背景には例えば児童養護施設等ではスタッフの保育業務への従事年数を措置費単価に反映させられることなどがあります。そのため今までの経験をフルに生かした上で新しい職場で活躍できるという魅力があります。

  • 関連リンク

    • 保育士資格を取得できる学校を卒業してから保育士になるかたもいるでしょう。ほかにも、子供を産んでから資格を取得してたり、別の職業から保育士になる方も最近は少なくないようです。...

    • 現在の日本は子供の数が減り、少子化が問題になっています。したがって、保育士になるのは大変だと思うかもしれませんが、現実はその逆で、保育所や幼稚園が極度の人手不足のために待機児童の数が増えているといった状況があるのです。...